三角関数の応用問題

各種SNSで記事を共有

🔄 最終更新日 2021年5月3日 by takara_semi

 問題 

球の形状をしたウイルスがあり,観測点Pからウイルスの球面までの距離は40nmであった.また,ウイルス全体は観測点Pから視野角$64^{\circ}$(中心から各方向$32^{\circ}$)の範囲にあった.$\sin{32^{\circ}}=0.53$,$\sin{64^{\circ}}=0.90$として以下の問いに答えよ.

(1) $\cos{64^{\circ}}$の値に最も近い値を(ア)~(オ)から選べ.
 (ア)0.10(イ)0.24(ウ)0.35(エ)0.44(オ)0.56

(2) ウイルスの直径として最も近い値を(ア)~(オ)から選べ.
 (ア)74nm(イ)78nm(ウ)82nm(エ)86nm(オ)90nm

なるほど

見慣れない問題は,文章の条件などを簡単な図にして整理して解く

検索キーワード:
球,ウイルス,観測点P,40nm,視野角,$\sin{32^{\circ}}=0.53$,$\sin{64^{\circ}}=0.90$,$\cos{64^{\circ}}$


>>なるほど高校数学の目次に戻る

各種SNSで記事を共有
takara_semi
著者紹介 旧帝大学生。自然科学/社会学/教育学/健康増進医学/工学/数学など、および学際的な研究領域に興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: